リトミックの資格を取るには?

リトミックとは子供が音楽などに合わせ、体を自由に動かしたり表現するものですが、その指導には資格が必要です。
ではリトミックの資格を取得するとどのようなことができるのでしょうか?

リトミックの資格をとると……

まず第一にリトミック教室で指導員として働くことができます。
そして子供のリズム感を養ったり、想像力を増幅させるサポートをする役割が待っています。
子どもたちが楽しく音楽や感覚を身に着けることができるように指導するのがリトミック指導員の仕事です。
リトミック指導員として資格を取得するためには、
リトミックに関する様々な知識、テクニックを習得する必要があるため、
講座などを受け、受験することが最短の道でしょう。

大学、専門学校などの養成講座で基本的知識を身に着けた上で、
カルチャースクールや音楽教室へ就職するのがまず第一段階です。
また保育士などの免許を取得することにより幼稚園や保育園への就職も可能です。

リトミックを全国的に広めているリトミック研究センターでは
リトミックの理念や理論などを学ぶべく、教員養成講座を開講しています。

リトミックの資格を取る方法

まずは指導資格認定指定校という講座から入り、
指導者養成コース、そこで特上のディプロマBを習得することができれば
教員養成校へ入ることになります。

その後付随資格としてピアノ指導員としてピアノを習得したり、
幼稚園や保育園の1級指導資格などを習得することができます。

リトミックスの指導をしたいと思っている人やママは多くいるかもしれませんが、
このような養成校に入るのが一般的であり、かつ最短の道です。

今では通信講座などもありますが、
通信講座だとどうしても人対人のやりとりができませんから、
細かい部分までの指導が困難になります。

ただ、リトミックス研究センターでは忙しい人の資格習得のために
年間9回の講習、リズム運動や実践指導やピアノ演奏法を行っています。

これら1年で9回の講座を受けることにより資格取得が可能になりますから、
すぐに現場で役立つ知識を詰め込むことができます。

自分のリトミックのレベルアップまで成長することができます。
その終了過程で定められた科目習得後、資格試験合格者に認定証というものが交付されます。

リトミックの指導員資格はやはり一般的には養成学校に通う、講座を受けるのが一番です。

上記にあげたリトミック研究センターの開催している講座以外でも、
ダルクローズ国際免許というものもありますし、
国立音楽院でリトミック指導員資格を取得することも可能です。

さらにNPO法人リトミック研究センターというところでも
指導者養成コースというものがありますから、資格取得することが可能です。

1年で初級、2年で中級そして3年では上級指導資格を取得することが可能で、
4年目に入るとディプロマB資格を取得できます。

資格を取得する殆どの指導員を目指している生徒は、
子どもたちのワクワクする姿を見てみたい、早く一緒に遊びたいと思っています。
ですから日々懸命に努力してリトミックの資格取得に勉学に励んでいます。

関連記事

リトミック教室の探し方

リトミックってなあに?

リトミックにはどんな効果があるの?

NO IMAGE

リトミック研究センターについて