リトミックにはどんな効果があるの?

リトミックって結局何をするところなの?
と地域のママ友に聞いてもあまり響かないママさんもまだまだ大勢いらっしゃいます。

子供の情操教育に熱心なママさんはすでに0歳からリトミックを始め、その効果を感じているので、
他のママ友にも勧めるのですが、他のママ友に関してはリトミックという言葉さえ初めての単語です。

音を身体で表現

ではリトミックではどんな効果を得ることができるのでしょうか?
リトミックは子どもが音を聞いて心で感じたことを体を使って自由に表現するというものです。
一言でいえば、このような感じです。

まだうまく言葉で話すことができない0歳児でも、耳は発達していますから、
歌を歌っている声や音楽に耳を傾けることはできます。
聞こえるリズムや音楽に楽しむことで次第に手や足を動かす動作を見ることができます。

楽器のレッスンとどう違うの?

単純にピアノを習わせるのとどう違うの?
という問いかけがありますが、心と体、両方の発達を流すツールとしてリトミックはあります。
恥ずかしがりや人見知りが激しいベビーであっても、
周りに同じお友達が常にいることにより、
安心感を持ってリトミックを楽しむことができます。

ただ、たまにママが一生懸命に取り組むあまり、
無表情になっていたり真剣な顔つきになっていることがありますが、これはNGです。
ママが楽しくなければベビーも楽しくありません。

手拍子や掛け声をしながらリトミックは進めていきますから、
ママ自身が恥ずかしがっていては子供もなかなか自分を表現することができなくなってしまいます。
ママも楽しんでリトミックを受けることで、子どもの楽しく自由にリトミックを楽しむことができます。
リトミックでは子供誰もが持っている潜在能力を引き出す力があります。
それを伸ばしていくのがリトミック教育です。

感覚的に楽しみます

子供の成長に合わせたリズムや音楽に乗って多くの子供は正しい音程やリズムで歌を歌うことができるようになります。
1人1人にあった適切なサポートがあるからこそ、リトミックの効果は発揮されます。

また子供の感受性というものは大変豊かなものがあり、
それを伸ばすのもリトミックの効果であると考えられます。
自分の心で感じた音やリズムを感動体験として感じた子供は本来持っていた感受性を豊かにすることができます。
想像や創造へ、個人を尊重して大切にすることによって子供が自信をつけることができます。

また”感覚的に”感じることができるようになるのもリトミックの効果の1つです。
いわゆる自由に描いてみよう、自由に弾いてみよう、といっても困る子供は大勢います。
リトミックの効果としては音楽に小さい頃から触れることで、感覚的に何かを描くことができるようになります。

ボールを使って音に合わせて転がす、はねる、ロープやリボンを使ってひらひらさせるなど、音楽によってそれぞれの捉え方で自分を表現するのがリトミックです。
その効果は計り知れなく、子どもの潜在能力を引き出すきっかけになります。
何歳になればリトミックを始めればいいかというものは存在せず、
0歳児から始めるベビーもいれば、2歳から始める幼児もいます。

人見知りがなくなったり、お友達と一緒でこんなにうれしいんだ!
と思えるような情操教育こそがリトミックの効果でしょう。

関連記事

リトミック教室の探し方

リトミックってなあに?

リトミックの資格を取るには?

NO IMAGE

リトミック研究センターについて